セミナーも投資家から評判|ランドネットで不動産投資を始めよう

硬貨を積む人

二つのゲインを得る投資

集合住宅

インカムゲインが中心

マンション投資は基本的な仕組みとして二つのゲインを得る投資方法となっています。マンション投資ではマンションを購入する投資であり、ローンを組んで購入するのが一般的です。そのローンを完済するとマンション自体が資産になるため、もし市場価値が高まったときに売れればキャピタルゲインを得ることができます。一方、ローンを支払っている間から賃貸経営を行えるため、入居者から家賃を徴収してインカムゲインを得ることが可能です。この二つのゲインから利益を得るのがマンション投資の基本的な仕組みですが、日本におけるマンション投資ではインカムゲインが利益の中心になります。マンションは自然に老朽化が進んでしまうものであり、通常は購入時から資産価値が低下していくことになります。その分を所得に損益通算して減価償却費として処理することはできますが、売りたいと思ったときには購入時の価格よりも下がってしまうことが多いのが実情です。ただし、例外的な場合もあり、地価が高騰して土地と合わせると高く売れるようになることもあります。住宅のニーズが高まることでキャピタルゲインを得られる場合もないわけではありません。概して簡単にキャピタルゲインが得られるわけではないのに対して、インカムゲインは安定した経営を続けられれば長期的な収入として維持できます。そのため、マンション投資を行うときには家賃を徴収して利益を得るのが目的になる場合が多いのです。